ペット保険とペットの長寿

ペット保険とペットの長寿

2016.10.27
/ / /
Comments Closed

日本は少子高齢化といわれています。この高齢化が進む背景には医療の充実、また医療技術の向上などが挙げられています。昔、癌というと死に直結する病気というイメージがありましたが、現在は初期発見によって治癒出来ない病気ではなくなっています。転移があっても放射線治療や化学療法などで生存率が伸びていますし、お薬などもよいものが開発され、病気になっても治療しながら生きていくことができる世の中になっています。

ペットの世界も同じで、獣医の医療技術、また機器類などが向上し、重い病気にかかっても命を助ける事が出来るようになってきています。犬は平均寿命が14歳弱、猫は15歳弱くらいまで伸びていますので、愛するペットを長い時間、共に生活する事が出来るようになっています。

しかし高齢になると人も、全く病気を持っていない、症状を持っていないという人は少ないです。何かしら体に支障を持っていながら、医療機関に通い病気と仲良く共存している人が多いです。犬、猫などのペットも同じで、病気になっても獣医にかかりお薬などを利用しながら長生きできるようになっているのです。

医療機関にかかるという事は医療費がかかります。このペットの医療費に関して、右肩上がりという現実もあるのです。ペットが健康に年齢を重ねていく上でやはり医療費のサポートが必要となり、そこである程度の年齢になったらペット保険に加入するという方が多くなっているのです。

Comments are closed.