未分類

ペット保険は柔軟性が高い

2016.11.11
/ / /
Comments Closed

ペット保険への加入が多くなっているという事も踏まえて、ペット保険に加入する際、すでに持病を持っている場合、加入できるのかどうか、これも気になるところです。ペットも人と同じように、年齢を重ねると臓器なども弱くなってきて、病気になる事があります。また生まれたばかりのペットであっても、先天性の病気が見つかる事もあります。

先天性の病気を持っている場合、ペット保険に加入は難しいと考える方がいいでしょう。ペット保険に関しては各ペット保険会社によって契約の条件があります。通常、契約の条件として特定疾患の病歴がない事とされています。

保険会社によって違いがありますが、一般的に腎不全や糖尿病、外耳炎やフィラリア、猫エイズ、猫白血病などの疾患を持っているペットは、ペット保険に加入できないことが多いです。

しかし保険会社に相談する事によって保険料を高くして加入するという事が認められる事もありますので、まずは相談しましょう。場合によって、一部保障が受けられないけれど、他の部分に関しては保障するなど、契約を部分的に認めてもらえることもあります。

人の生命保険、医療保険では相談しても保険内容は変えられません。しかしペット保険の場合、柔軟性があるため相談してみることでペット保険への加入が出来るかもしれません。

医療費はこんなにかかる

2016.11.02
/ / /
Comments Closed

ペット保険に加入しようと考えた方にその理由を聞いてみると、友人のワンちゃんが病気になり、手術に高額な医療費がかかり、これは入っておかないと・・と思ったとか、怪我をしてしまい緊急手術と入院でびっくりするくらい医療費がかかったという話を聞いてペット保険への加入を考えたといいます。多くの方が、ペットの医療に関する費用の負担を考慮して、ペット保険に加入されているのです。

では一般的にペットが病院にかかるとどのくらいの費用がかかるのかというと、骨折して手術、入院が必要となると15万円程度かかります。誤飲などをして処置をした場合でも4万円以上かかります。猫に多い腎臓系の病気になって病院に通うと10万円以上かかる事もありますし、最近多くなっている犬、猫のがん治療、入院、手術、通院などを含めるといずれの部位も、20万円位かかっています。

こうしてみるとやはり大きな費用がかかるという事がわかります。ペット保険はこうしたペットの医療費を保障してくれるものです。ペットが病気になり医療費が高いから治療が出来ないという事がないように、飼い主さんたちはみなさん、ペット保険への加入を考慮されるのです。万が一、という事を考えるのも、飼い主としての務めです。

ペット保険とペットの長寿

2016.10.27
/ / /
Comments Closed

日本は少子高齢化といわれています。この高齢化が進む背景には医療の充実、また医療技術の向上などが挙げられています。昔、癌というと死に直結する病気というイメージがありましたが、現在は初期発見によって治癒出来ない病気ではなくなっています。転移があっても放射線治療や化学療法などで生存率が伸びていますし、お薬などもよいものが開発され、病気になっても治療しながら生きていくことができる世の中になっています。

ペットの世界も同じで、獣医の医療技術、また機器類などが向上し、重い病気にかかっても命を助ける事が出来るようになってきています。犬は平均寿命が14歳弱、猫は15歳弱くらいまで伸びていますので、愛するペットを長い時間、共に生活する事が出来るようになっています。

しかし高齢になると人も、全く病気を持っていない、症状を持っていないという人は少ないです。何かしら体に支障を持っていながら、医療機関に通い病気と仲良く共存している人が多いです。犬、猫などのペットも同じで、病気になっても獣医にかかりお薬などを利用しながら長生きできるようになっているのです。

医療機関にかかるという事は医療費がかかります。このペットの医療費に関して、右肩上がりという現実もあるのです。ペットが健康に年齢を重ねていく上でやはり医療費のサポートが必要となり、そこである程度の年齢になったらペット保険に加入するという方が多くなっているのです。

ペット保険が便利

2016.10.20
/ / /
Comments Closed

大切なペット、家族の一員として可愛がっているご家族が多くなっています。一人暮らしされている方も、最近はペットOKの賃貸物件等も多くなり、一人で暮らすのではなく愛するペットと共に暮らせる生活を楽しまれています。

人が病気になった時、怪我をした時など病院にかかります。日本は公的保険がありますので、通常医療費の3割を負担すればいいので、それほど窓口で高額な費用を払うという事はありません。

しかしペットの場合、公的保険などが存在していないため、医療費は実費となります。多くのご家族、また個人の方がペットを飼われていて人と同じように食事をさせたり、可愛いからとおやつをたくさん上げてしまい、肥満状態になり、人間同様、糖尿病や腎臓、肝臓などに疾患を持っているペットも多く、その費用は膨大です。

全額負担となるので、毎回万単位のお金を支払って治療を続けているというペットも少なくありません。そこで、多くの方が加入されているのが、ペット保険です。ペット保険に加入すると、保険によって違いがありますが、医療費の6割くらいから7割くらいを保障してくれるため、実費支払が少なくなるのです。

ペット保険証があり、病院によってはその保険証を提示する事で、申請などをせず窓口で実費分だけを支払えばいいという場合もありますし、窓口で全額支払っておいて申請によって後から戻ってくるという事もあります。

ペット保険への加入が多くなっている背景には様々な理由があります。当サイトはペット保険への加入が多くなっている理由を探ってみました。